最新情報

伝えたいこと
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 収穫祭
  4. 野菜の病気に注意!

野菜の病気に注意!

梅雨入りして、湿度が高くムシムシした日が多くなりましたね。
そんな6月に野菜づくりで注意したいこと、それは…

カビ系の病気です!
(もちろん虫害にも引き続きご注意ください)

野菜の葉が白い粉を吹いていたり、葉に黄色~褐色の斑点が出ていたりしませんか?
もしかしたら、それはうどん粉病やべと病などの病気かもしれません。
※野菜の病気については野菜づくりBOOK(オレンジ色のテキスト)もご確認ください。

うどん粉病やべと病はカビ系の病気。これにかかった時に重要なのは、感染源を取り除くことです。
病気にかかってしまった葉は取り除き、残渣置き場に持っていきましょう。
病気の葉を触った手で健康な葉に触れないようにしてくださいね。触ったらしっかり手や道具を洗いましょう。

予防として、重曹液を葉に吹きかけるのもオススメ。
1枚の葉につき裏表に1回ずつ吹きかけましょう。

◇注意◇
葉を取り除いたり、重曹液を吹きかけたりするのは晴れた日、雨が降らない予報の時に行いましょう。
雨の中で葉を切り取ると、切り口から傷んでしまう恐れがありますし、重曹液をせっかくかけても雨で流れてしまいます。

◇ズッキーニの白い斑点◇
ズッキーニには葉に白い斑点が浮き出ることがあります。
うどん粉病かも?と思うかもしれませんが、もともとそういう模様が出る野菜なんです。
白くて粉っぽく、葉の全体的に広がっているようならうどん粉病の可能性が高いですよ!

関連記事